ICカードについて

ICカードとは
IC(Integrated Circuit = 集積回路)チップを搭載したクレジットカードです。
ICチップを埋め込むことで、構造が複雑な上、格納データが暗号化されており、従来のカードに比べ改ざんや偽造が大変困難な安全性の高いカードとなります。
当社ではカード更新時に、順次ICカードへ切り替えを行っております。
*カードの種類によって、ICカードに切り替わらないカードがございます。
ICカードのご利用方法

ICカード対応加盟店でICカードをご利用の際、売上票へのサインに代わり、本人しか知り得ない暗証番号入力でより確実なご本人さま確認を行います。さらに安全に、よりスムーズにカードをご利用いただけます。

カードを提示しお支払方法をお申し出ください。

PINパッドに表示された金額を確認して、
4桁の暗証番号をご自身で入力し、
右下の「ENT(確定)キー」を押してください。
*加盟店がお客さまの暗証番号をお伺いすることはありません。
 暗証番号を口頭でお伝えしないようお願いします。

カードとお客さま控えをお受け取りください。

ICカードのご利用には暗証番号が必要となります
ICチップのついたクレジットカードをICカード対応加盟店で ご利用いただく場合、これまでのサインに代わり、「暗証番号」を ご入力いただくことになります。
カードご利用前にあらかじめご確認ください。



暗証番号とは

カード入会時に弊社へご登録をいただいた4桁の数字で、カードごとに設定させています。

暗証番号を間違えると

第三者の悪用防止のため、誤った暗証番号をくり返し入力すると、ICカードとしてご利用ができなくなります。 その場合は新しいカードとの交換が必要となりますので、弊社までご連絡ください。

ICカードのセキュリティ機能

暗証番号の誤入力回数はICチップ内に累積され、一定回数を超えるとICカードにブロックがかかり、 IC端末機ではICカードとして利用できなくなります。(従来通り磁気端末でのサインによるご利用は可能です。)

不正使用防止のために

暗証番号はご本人を証明する大切な番号です。他人に知られないよう十分ご注意ください。 また、カード会社や加盟店・警察が暗証番号をお聞きすることは一切ございません。 万一、他人に不正使用された場合でも、暗証番号を使用した取引での損害はご本人さまのご負担となりますので、暗証番号の管理には十分ご注意ください。暗証番号をクレジットカードに記載したり、暗証番号を記載したメモと一緒に保管したり持ち歩かないでください。また、スマートフォンや携帯電話、ロッカー、貴重品ボックスなどでクレジットカードと同じ暗証番号を使わないようにしてください。

暗証番号の設定についてのお願い

安心してクレジットカードをご利用いただくためには、暗証番号の設定及びお取扱いには十分ご注意ください。特に、生年月日の組合せ、ご自宅の電話番号、同一の連続番号などを暗証番号として登録されている場合は、他人に推測される可能性が高く、カードの紛失・盗難等の際に危険です。暗証番号には、次のような番号を登録しないようにご注意ください。また、現在、すでに設定されている場合は、速やかに変更していただきますようお願いいたします。このような推測されやすい暗証番号を設定していたクレジットカードを紛失・盗難等し、暗証番号を用いて不正使用された場合、その損害につきましては、原則、補償されませんのでご注意してください。
①ご自分の生年月日を組み合わせた数字
  (例:1970年(昭和45年)6月21日生まれの場合)
    「0621」、「1970」、「4506」等
②ご自宅の電話番号を組み合わせた数字
  (例:03-5643-0011の場合)
    「5643」、「0011」等
③4ケタの同一番号
    「0000」、「9999」等

会員向けWebサービス

  • ログイン
  • 新規登録(無料)
  • ID・パスワードをお忘れの方
  • 会員向けWebサービスとは